木製建具

私の事務所では住宅を設計する際、可能な限りドアではなく引戸を使うようにしています。
理由は、開け放った時にドアでは邪魔になり引戸は視界から完全に消すことができるからです。引戸だと「なんか和風のイメージにならないか?」とご心配の方もいるかと思いますが、大丈夫です。閉めている時の引戸はドアなのか引戸なのかわからない感じでデザインしますので。引戸を開けてしまえば、仕切のない状態ですから音も気配もおだやかに伝わり、家中の空気が大きくひとつになります。そうです、ワンルームのイメージです。ただし、閉めている時には、壁の役目もするわけですから、素材は本物の木でひとつひとつデザインして職人さんにつくってもらいます。

また、外部の庭に面する開口は、外と内の空間を一体化したい時には木製の建具を使うようにしています。



このギャラリーは庭に面するところは一面ですので全て木製建具で構成してあります。もちろんすきま風や断熱の対策も考慮してあります。